雪国糞尿物語

雪国糞尿物語

この物語は日本に古くから伝わる「鶴の恩返し」というお話しを参考に作られた物語です。ある日、雪の中、彼女は一人で寒そうに凍えていました。偶然に通りかかった心優しきその男は彼女を助けてあげました。彼女はそのお礼として、その男の言うことを男でも聞いてあげました。「助けてくれてありがとう。どうか渡しに恩返しをさせてください。何でもいたします。」