キーワード
1から3 を表示中 (合計: 3件)
Mオヤジを喰い倒せ!

Mオヤジを喰い倒せ!

この作品は、カリスマギャルの黒い凶喜のギャルちんと同じなんですね。で、今回の作品2は、そんなギャルちんの前で、常に勃起できるM系汁男優さんを加えて、全く新たな展開にしました。KKCM=生リンチシリーズなんですが、今回は、生リンチには遠い作品です。むしろこの後スタートする『逆レイプ工房』の原点になる作品だったかもしれません。発売後、今に至るユーザー様からの反響を見ても、この作品は常に好評価を頂いていまいした。派手で、かわいいギャルの前で、常に勃起して、Hな道具になることが男優さんの役目です。テコキ、足こき、クンニ道具、乳なめ、そして、H道具。あくまで、そこにオヤジがいるから、暇つぶしに使ってみる。彼氏には試せない技にトライしてみる。そんなギャル中心のエロなんで、もうある意味大変なんですよ。一層リンチで1時間耐えた方が良いかもしれない。とにかく、ギャルのかわいさはもちろんですが、道具になりきるべく努力してくれた、男優さんに感謝です。

カリスマギャルの黒い凶喜

カリスマギャルの黒い凶喜

ケラ工房作品の中で、ボコられたい、食われたいとMマニア諸氏からリクエストが多かったリカちゃんシリーズの第1弾。彼女、存在そのものがリアルSだから凄い。そりゃあ女王様とは違うのですが。例えば、「アタシが引き立つから、友達に1人はブスが欲しい」とか笑。普段からその毒舌ぶりと、そして相反したキュートなルックスが魅力なのですよ。

カリスマギャルの黒い凶喜第3弾 リカ見て抜きな♪

カリスマギャルの黒い凶喜第3弾 リカ見て抜きな♪

素人カリスマギャル「リカ姫」礼賛編です。某日、午後6時ある地方都市のコンビニ前に噂のリカちゃんが現れました。通行人は場違いな渋谷系ギャルの可愛さに驚いてます。今秋流行のファー付きカーキのブルゾンに、黒の超ミニとピンヒール黒ブーツ。むき出しの太股の眩しさがたまりません。早速、スタッフ一同、リカちゃんと車に乗り込み撮影スタジオに直行。後部座席のリカちゃんの横に座ったTレグスは、カリスマ黒ギャルオーラに圧倒され、心臓がバクバクです。「やっぱり可愛い過ぎです」にニッコリ微笑んで「当たり前じゃの表情。組んだ太股の輝きと、猫の様な大きな眼力の有る目線にクラクラして、いつの間にか「敬語」で話しかけてました。リカちゃんは当然の様に私に「お前さー、ノド乾いたよ!」。男優さんの「よろしくお願いします」にも「ふん!」って無言でニヤリ(笑)。なにしろ切れれば、彼氏にも蹴りを食わせる激しい気性と、メチャ可愛いい童顔のギャップがたまらない生リカちゃんの隣とは、「リカ様」とひれ伏しそうになるTレグスでした。今日の男優さんは、リカちゃんの予想以上の可愛さに顔崩れっぱなしでしたが、撮影開始と同時に、カリスマ素人ギャル「リカ姫」の恐ろしさを思い知らされました。ローハーとブーツで踏みにじられ、唾を吐きかけられ、人間馬で乗り潰され、顔騎で攻められ、舐めと手コキで天国に…そして最後は聖水…嵐の様な撮影は2人の男優フラフラ状態で終了しました。終始リカ姫は楽しそうに笑い転げて、ルーズ&制服や半裸のショーツ姿&ブーツで男優を痛めつけたと思ったら、優しく嫐ったりと男を翻弄し、男優さんは唇から出血、身体嫐られた痛みでズキズキ痛み、顔は聖水まみれ。でも大満足(?)そうでした。なにしろ男の顔に跨って唾を吐きかけ、笑い転げるリカちゃんの、残酷と可愛さの残像が瞼に焼き付いてます。それから撮影に夢中のTレグスを、照明などで効果的にカバーしてくれたスタッフに感謝です!ぜひ、この自信作KKCM−017の本編でリカ姫の魅力に酔ってください!

1から3 を表示中 (合計: 3件)